読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猟盤日記20170119

ジャンクの入荷が多いと噂のハードオフ平塚四宮店に。入ってすぐの床置きにフォーリーブスブルドッグ」を発見しテンションが上がる。

f:id:yotuashi:20170119190820j:image

続いて太川陽介「Lui-Lui」も。

f:id:yotuashi:20170119190937j:image

レア盤という訳ではないが50円箱でこれを引けたのはうれしい。

これはかなり期待が出来そうだと思って本陣である店奥のジャンク箱に挑んだが、こちらは草も生えないくらいに抜かれた後という印象。やはりハードオフは甘くない。

非ジャンクの棚も漁ってみるが、どれも300円越えと中々に強気の値付け。しかもあるのはユニオンの100円箱並み。

シカゴの「クエスチョン67&68」の日本語盤を発見したが、800円越えで購入断念。500円なら買ったのになあ。

結局ジャンク4枚しか買えずに撤退。

駅前でジンギスカンを食べて平塚を後に。

f:id:yotuashi:20170119191532j:image

電車で藤沢に移動。藤沢のハードオフは3階建ての大型店舗なので期待が持てそうと思ったのだが、ジャンク7インチが一枚100円とかなり強気。しかも猛者が通った後らしく、こちらも雑草一本生えてない。

非ジャンクを覗くと「恋のまりも/伝説マリモ物語」があって驚いたが、1200円で完全に萎える。珍品だが自分としてはそれほど欲しいレコードでもなかったので、他の方にお譲りすることにした。というかそもそも高すぎる。高値で売ってるネットショップの価格を参考にしたんだろうけど、ほんとの市場価格はもっと安いはず。適正価格とは言い難い。こういうことされるとハードオフへの信頼が下がるのでやめてほしい。

結局それほど欲しかった訳でもないジャンク4枚を抜いてレジに向かうが、なぜかサイフが見つからず、店員さんにごめんなさいして退店。すぐにサイフは見つかったが、引き返す気にはなれなかった。 

 

旋盤日記20170114

恒例の「DJ交流会」@高円寺コネクシオン。寒気のせいかいつもより参加者少なめ。自分の1巡目のセットはコツコツと探してきたレコードで組んだ、自分としては会心の一撃的なものだったはずなんだが、完全に外した感があった。ここ何回か外してばかりのような気もする。

構成が内省的になっていたのかも。

この日がデビューという若いDJのプレイは自由で豊かな発想に満ちていた。

2巡目にはお客さんがほとんどハケてしまい、開き直って直感でガンガン繋いでいったら1巡目よりは自分の音に向いて貰えた感もあり、内容的にも満足いくものになった。

選曲にメッセージを込めるのはなかなか難しいが、反応してもらえたらとても嬉しい。

次回も呼んでもらえるかはわからないが、とりあえずコツコツ掘って自分なりの選曲を探していくしかない。

f:id:yotuashi:20170117083559j:image

ある評論家の方のツイートで、希少なレコードがYouTube などで気軽に聴けるようになったのは健全なことで、レコードの希少性による価値と、音楽そのものの価値を切り離せるようになったことを積極的に評価されていた。レア盤がリイシューされて入手が容易になっても、良い盤の価値は変わらないと。

Webが発達しておらず、今ほど自由に試聴もさせてもらえない時代は、思い切って買った高額盤が自分的にハズレだったりして、レコ屋に立ち寄るのも嫌になるほど落ちこんだりして、レコードを買うという行為が、その盤の値段以上にお金も時間もかかるものだったような気がする。

YouTube が普及したことでハズレを掴む確率も減り、勢いレコードを買う枚数も増えた。DJがかけたレコードを写メしたりShazam使ったりして特定し、検索してレコ屋に探しにいくのが極めて普通の光景になったのは、確かに何だか味気ない気もするが、きっと昔よりレコードを買うという行為はずっと楽しく面白いものになっているのではないか。

職業DJとしては希少高額盤に投資して自分のプレイに価値を持たせるのは、おそらく生活に関わるくらい切実なことだったんだろう。お金と時間をかけてコツコツと積み上げた先人の努力を、Webの力で容易に消費してしまうのはそれはそれで申し訳ない気もするし、失われたものもきっとあるとは思うけれど、良いレコードはどんな時代にあっても価値を失わないのだと考えれば、それはそれで良いのかもしれない。

 

 

猟盤日記20170111

渋谷レコファンでこの前漁ったばかりの50円箱を再dig。あまり顔ぶれは変わってないが、結局10枚抜いた。12インチ箱にあったリーダースダイジェストから出たものらしい「禁じられた恋」。「月影のランデブー」の中村八大クインテットによるカバーが秀逸。ジャケがサイケなのも良い。

f:id:yotuashi:20170112021603j:image

サイケなジャケがもう一枚。ディック・ジョーダン「ストップ・ザ・ミュージック」。イントロがすごくいい。ヤフオクではアーティスト写真のジャケのものしか見かけなかった。

f:id:yotuashi:20170112082615j:image

 八代亜紀が充実していたので、1枚抜いてみた。「雨のカフェテラス」がスリーシンガース参加で良い感じ。

f:id:yotuashi:20170112083020j:image

HMV渋谷に移動。こちらでも7インチ100円箱を漁る。最下段にまだあまり抜かれてない感じの箱があり、ここから11枚。山田太郎「エンピツが一本」。三田寛子のカバーが有名だけれど、オリジナルもいい感じ。

f:id:yotuashi:20170112083535j:image

レコファン店奥の50円箱でなぜか1850円の値札でずっと入っている見城美枝子「さよならの夏」。こちらでも100円箱に入っていた。こちらはちゃんと100円のようなので抜いてみた。B面が「誰もいない海」のポルトガル語カバーなのだけれど、日本語発音丸出しで歌っているのがいい感じ。

f:id:yotuashi:20170112084324j:image

赤坂泰彦在籍の東京JAP「摩天楼ブルース」。スリーブをみたら筒美京平モノだったので抜いておいた。聴いてみるとアレンジもなかなか良い。

f:id:yotuashi:20170112084906j:image

その後渋谷蔦屋O-Westでワッツタワーのオープンプライスライブに行ったのだけれど、ステージ上で岸野さんがハードオフDigの歌を唄っていた。「ニューミュージックがこの世から消えれば、6時間のDigが2時間になるのに」には笑った。Jon(犬)が持ってくるレコード箱は、石野真子「春ラ!ラ!ラ!」などの定番100円レコに混じって「Yamasuki」 や「イカ踊り」が入っている夢のレコ箱だ。

 

 

猟盤日記20170110

新宿で打ち合わせ後、アルタのHMVへ。全体的に割高感が強くて手が出ずに、1枚も買わずに店を出る。色割引きで1000円以下半額の張り紙があったのを店を出ようとした時に気づいたが、時間切れで時すでに遅し。

100円箱以外を見る時は、なるべく買わずに済ませたいという気持ちがあるのだけれど、1枚も買えないというのはそれはそれでさみしい気もする。買わないと心に誓いながら漁って、それでもなお欲しくなる盤に出会えるのが醍醐味と言おうか。

帰宅したらネット購入した大場久美子「スプリングサンバ」と、レコードコンビニで聴いた大友裕子「手切れ金」が届いていた。どちらも状態よくて満足。1枚は浜松の音吉プレミアムから買ったが、いつか実店舗も訪ねてみたい。

f:id:yotuashi:20170111004829j:image

 

猟盤日記20170106

大場久美子の「スプリングサンバ」を探しに神保町のタクトに行くが、7インチの棚は老紳士たちに占拠されており中々手が出せない。帰ろうとした所、店頭に7インチの100円箱があることに気づく。「スプリングサンバ」は無かったがフィンガー5名犬ラッシー」井上順之「涙」など3枚抜いて購入。

f:id:yotuashi:20170107002646j:image

その後、富士レコード社を覗くと大場久美子アンソロジーはあるがちと高い。神保町ディスクユニオンに行くがやはり見つからない。ここでは江利チエミ「酒場にて」を1枚抜く。B面の前田憲男アレンジの「陽気なスージー」狙いで。

f:id:yotuashi:20170107003010j:image

歩いてお茶の水のユニオンに移動。7インチ箱がやたらと高額盤ばかりだったが、100円箱はいつもより充実してる印象。ヤン・シスターズ「子供過ぎる彼」やロウィナ・コルテス「小さなマリリン」など7枚抜いて購入。

f:id:yotuashi:20170107003754j:imagef:id:yotuashi:20170107003802j:image

その後、お茶の水レアグルーヴ館も覗くがこれといった収穫なし。結局「スプリングサンバ」は見つからずじまい。

 

 

猟盤日記20170105

仕事の合間に新宿のディスクユニオンをはしご。何枚か気になるものもあったのだけれど、結局1枚も買わなかった。ソニア・ローザのアルバムとか探してたものとかは買っとけば良かった気もするが、買わないこともそれはそれで重要だと思うのだ。

Mixcloudで高校生が作ったという和モノミックスを聴いたが、選曲も構成もテクニックも文句のつけようのない内容だった。自分とかはやはり自分の当時の記憶を頼りに買っている所が大きく、知らぬうちにある種の文脈に囚われてしまっていたりするのだが、彼の場合そういうものから全く自由なのが羨ましい。

猟盤日記20170104

渋谷某所で打ち合わせの前に10分程時間があったのでHMVを覗いてみたら、7インチ新入荷箱を触りはじめてすぐに佐川満男「フランス人のように」を発見。ヤフオクよりもはるかに安い。スリーブにマジックで色々書き込みがあるが、まあそれも味ということで。試聴したら結構ノイズが激しかったが、時間もなくとりあえず購入。帰宅後水拭きしたら音は蘇ったので一安心。

f:id:yotuashi:20170105000846j:image

打ち合わせ後、レコファンのエレベーターホールで100円箱を漁る。追加されて間もないタイミングだったのか、普段見かけない顔触れで嬉しくなる。

14枚抜いたが4枚リリースして10枚500円で購入。

f:id:yotuashi:20170105001208j:imagef:id:yotuashi:20170105001223j:imagef:id:yotuashi:20170105001237j:imagef:id:yotuashi:20170105001246j:imagef:id:yotuashi:20170105001254j:image

小堺一機「ムーンライトシィンギング」は発売当時買おうか迷って買わなかった1枚だったことを思い出した。これを所有している自分を想像するとむず痒いような気持ちになったからだ。今回は何の迷いもなく購入。やっとこのレコードに相応しい人間になれたということだろうか。「フランス人のように」にも相性が良さそうなジャジーなポップス。

時任三郎「ウェディングリバー」は本人主演の映画「俺っちのウェディング」の主題歌だと思いこんでいたが、永島敏行主演の「ロングラン」の主題歌だった。テレビで深夜に放送されていたのを観たのか、劇場で観たのか記憶が判然としない。

和田アキ子「夜明けの夢」はB面の「翼もないのに」が最高だった。「Nothig from Nothing 」から繋げられそうな多幸感ある一曲。ジャンプ・アップ・アッコというのはTV番組なんだろうか。

沢竜二「遺書」はA面は勿論だが、B面の「男のためいき」も最高。