読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猟盤日記20170507

連休最終日なのでせっかくならば行ったことのない店にと、北千住のFandango!Recordsへ。

f:id:yotuashi:20170508202855j:image

北千住は昔働いていた町だが、レコ屋には一度もいかなかった。東口商店街を進んだ雑居ビルの2Fにある店でいわゆる町の中古レコード屋さんという佇まい。

入って7インチを漁っていると、常連と思しき男性が私が触っている新入荷箱に手を伸ばしてきて、なんとなく嫌な気分に。

その後、その常連さんは店の人に向かってやたらと大きな声で「あのレコードはヤフオクならいくらで売れる」とか「〇〇のレコードを帯つきで手に入れたので転売する」とか話しはじめるのですっかりシラけてしまった。

まあ、悪気もないだろうし仕方ないことなんだろうけど。 

とりあえず3枚抜いてレジへ。

f:id:yotuashi:20170508204051j:image

竹本孝之「てれてZinZin」

しばらく前から探していた一枚。100円箱にありそうな盤でもあるので、ちょっとお高めなような気もするが、せっかく遠出してきたので抜いておいた。

歌詞の素晴らしさは言わずもがなだが、投げやりでぶっきら棒な歌い方が、なんとも形容しがたい味がある、愛さずにはいられない一枚。

f:id:yotuashi:20170508204634j:image

加橋かつみ「ニルスの不思議な旅」

元タイガースの加橋かつみゴダイゴの事務所に所属している時に残した一枚。

タケカワユキヒデの美メロを、屈折を隠しきれない加橋のボーカルが歌い上げ、唯一無二の世界を生み出している。

というと明らかに言い過ぎだが、不思議なイノセントさが心に残り、知らぬ間に口ずさんでしまう。B面も素晴らしい。

店主は「ノイズがあるかもしれないのですが大丈夫ですか?」と丁寧に教えてくれた。こういうレコード愛を感じる対応を見るととても良い店なんだなと思う。

盤面を見る限りキレイなので購入。エタノール水で良く磨いたら、ほとんどノイズは気にならないレベルだった。

f:id:yotuashi:20170508205422j:image

OST海のトリトン

表に「鈴木宏昌 JAZZ FUNK!」と書かれていたので買ってみた。

f:id:yotuashi:20170508205811j:image

OSTというよりは今でいうドラマCD的なもので、この一枚に「海のトリトン」の全話のストーリーがダイジェストで収録されている。思わず聴き込んでしまった。

鈴木宏昌のファンキーなトラックはもちろんカッコいいのだが、使い方はちょい難しそう。

北千住といえば大はしの肉どうふでも食べたい所だが、土日休みなので大人しく帰路に着く。

途中梶ヶ谷で降りて、中々行けなかった「とんかつ華家」に。

f:id:yotuashi:20170508222446j:image

住宅街にある小さなお店だが、SHISHAMOのゆかりのお店として有名。

f:id:yotuashi:20170508222642j:image

シンリズムのサインもあったりして、若手ミュージシャンの聖地的な空気も。

f:id:yotuashi:20170508222808j:image

とんかつは衣がカリッとして肉は柔らかい。調子に乗って大きいのを頼んだら苦しくなるくらいお腹いっぱいになってしまった。