読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猟盤日記20170318

唐突にShaggs「世界哲学」のアナログが欲しくなり、渋谷でユニオンやらHMVを探すが見つからず。すぐそばにマニュアルオブエラーズSONOTAがあることを思い出した。

Webサイトは定期的に見ているものの、行ったことはなかったので初訪問。

f:id:yotuashi:20170319103258j:image

世界哲学はすぐに見つかったが、ちょっと手の出る値段ではなかった。しかしせっかくの初訪問なので1枚1枚じっくり見ることにした。こういう店は貴族価格になるのは致し方ないので、ジャケ鑑賞のつもりで買わずに済ませたいと思っていたのだが、Phil Mattoson & P.M.singers「Setting Standards」をお手頃価格で発見。ここ何ヵ月か買おうかどうか迷っていたのでこの期に購入することに。

f:id:yotuashi:20170319104028j:image

 一曲目の「New York Afternoon」がとにかく素晴らしい。全体的にはマンハッタントランスファーっぽいが、さらに抑制が効いている感じがとても心地いい。

7インチのシャピシャポもあってかなり欲しかったが、到底買える値段ではなかった。いつか貴族にでもなれたら買ってみたい所だ。

ノアビルを降り坂を登ってFace Records へ。7インチとかを中心に見るが特に大きな動きはない。

時間があったのでLPを見ていると草刈正雄「ファースト」が500円で売られていた。

f:id:yotuashi:20170319105553j:image

前田憲男と鈴木邦彦のコンビでアレンジもメロも最高。B面は正雄のシャウトがオンパレードで汎用性が高そうだ。市場価格がどれくらいなのかわからないが、まあ買うでしょう、これは。

飲みの約束があり池袋に移動。早めに着いたので「何も買わない」と心に誓いつつココ池で時間を潰すことに。

100円箱もかなりクオリティが高く心が折れそうになったが何とか耐え、7インチ新着もなんとか無事にやり過ごした。しかし新着LPでとんでもない奴にぶつかってしまう。

f:id:yotuashi:20170319110744j:image

店頭プロモ用の「テレビまんがオンパレード」が500円で売られていた。ポップにも書かれていたが7インチではとんでもなく高額になっている火曜サザエさん堀江美都子主題歌がコンパイルされている。ゴレンジャーもライディーンもこのご時世500円では手に入らない。「ラ・セーヌの星」はカタコト歌謡としても使えるし、ドラムブレイク満載の「ビューナスAの歌」はやさぐれ感が大友裕子あたりとも相性が良さそうだ。

やはりアニメものはジャケイラストの有無で価格に大きな差が出るということなんだろうか。この作品のタイトルロゴを配置したジャケもヨドバシカメラの紙袋感があって十分に味わい深いと思うのだけれど。

その後は、聚福楼にて羊の背中をいただきましたよ。

f:id:yotuashi:20170319134129p:image

 

 

 

猟盤日記20170316

仕事で必要になったとある8cmCDを探しに下北沢に。なんとなく下北沢のドラマにありそうな気がして行ったのだけれど、ドラマはゲーセンに変わっていてとても驚いた。

最近オープンしたというハードオフに行ってみたが8cmCD自体がほとんど置いていなかった。ついでに7インチの棚を覗いたけれど、数はそれほど多くない。しかし気になるものもあったので抜いてみた。

ナイトエコーズ「未練町涙町」。ナイトエコーズというバンド名やタイトルからしてムード歌謡なんだろうけど、調べてみてもよくわからないが、「夜と蝶」の堤こういちとナイトエコーズと同一バンドなのだろうか。50円なので買ってみることに。

f:id:yotuashi:20170317081321j:image

内容はそのものズバリのムード歌謡。アレンジもヴィブラフォン的な音の絡む味のある感じだった。

それからもう2枚。ラウドネス「クレイジーナイト」とアン・ルイス「六本木心中」

f:id:yotuashi:20170317082115j:imagef:id:yotuashi:20170317082328j:image

「クレイジーナイト」はスリーブが全面ステッカーになっているもので、「切り取って使ってください」と書いてあった。「六本木心中」との相性がとても良く、前の持ち主も合わせて使っていたんだろうかと思える。

閉店間際のディスクユニオン下北沢店にも寄ってみる。探してたレコードが4枚立て続けに見つかり、どれも適正かそれよりも安い。かなり悩んだが2枚を選び購入。

森山良子「小さな貝がら」、柴田一幸「白馬くん」。

f:id:yotuashi:20170317083232j:imagef:id:yotuashi:20170317083239j:image

「小さな貝がら」は、言わずもがなのB面「雨上がりのサンバ」狙い。サンバというタイトルだが、完全にボッサ。

「白馬くん」は小林亜星作曲で、和モノイベントでは何度か使われてるのを見たことのある定番レコード。以前横浜のレコファンでも見かけたが高くて断念したが、それよりもはるかに安い。ボーカルの絶妙な子供らしい音程外しが素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

猟盤日記20170307

ヤフオクで落札したレコードを受け取りに渋谷のFace Recordsに。郵送だと750円ぐらいかかるが、店頭受け取り出来るのはうれしい。

安西マリア「針のくちづけ」。

f:id:yotuashi:20170308203340j:image

ブラスロック的なアレンジが最高でジャケも良い。キャンディーズ「危ない土曜日」とかと繋げたい。ユニオンとかでは1500円以上するので、かなり安く買えて満足。

レジ近くにあった和モノ7インチ箱をのぞいて「特捜最前線」のサントラを抜く。

f:id:yotuashi:20170308203928j:image

ムーグ的な音が唐突に挿入される謎アレンジなB面が良い感じ。

会計したら半額セールだったことが判明し、スルーした何枚かを改めて抜く。

越美晴「ラブ・ステップ」。

f:id:yotuashi:20170308204313j:image

良く見かける盤だが微妙に高く感じて買わずにいたが、半額だと適正価格。ちゃんと聴くとジャズ歌謡感もあってとても良い曲。

いしだあゆみ「マイルドロマンロック」

f:id:yotuashi:20170308204606j:image

 樹氷のCMソング。いい感じのロック歌謡だが、なぜか値が無駄に上がっていて買う気がしなかったが、半額だと適正感が。

こおろぎ'73「ドカベン

f:id:yotuashi:20170308204919j:image

これは掛けるとか掛けないとかではなく、持っておくことに意味のある一枚。

ある意味パーティチューン。

 

 

猟盤日記20170305

近所のハードオフを巡回視察。やはり50円箱の裸レコ率が上がっている印象。裸レコ含めて10枚抜く。

斎条史朗「夜の虫」

f:id:yotuashi:20170305195305j:image

盤面真っ白に汚れた裸レコで購入を躊躇したが、アルコール洗浄である程度復活。タバコのヤニがビッタリついていたようだ。4回洗浄してもコットンパフで拭き取ると黒い汚れがついてくるぐらいに汚れていた。アレンジがめちゃめちゃカッコイイ、ハマクラムード歌謡の凄みを感じる一枚。

フォーリーブス「宇宙のファンタジー」

f:id:yotuashi:20170305195847j:image

安レコ箱の顔役ともいえるフォーリーブスの両面アースのカバー。B面の「銀河の覇者」も素晴らしい。

水前寺清子「三百六十五歩のマーチ」

f:id:yotuashi:20170305200418j:image

大ヒット曲なのにあまり見かけない気のする一枚。万博感満載のジャケが最高。B面もカッコいい。

麻倉未稀「ミスティトワイライト」。

f:id:yotuashi:20170305205740j:image

大野雄二作曲編曲の名曲。アレンジが激カッコ良くて汎用性高そう。「ラブスコール」とか、もしくは丸山圭子「どうぞこのまま」とかに繋いでも良さそう。

 

 

 

 

猟盤日記20170304

仕事のトラブルが重なった土曜日の午後、精神の安定を求めて神保町タクトへ。100円箱はどこの店もシブがき隊とかアルフィーとか松本伊代なんかに占拠され個性がないのだけれど、この店の100円箱は数は少ないながらも顔ぶれに個性があって楽しい。当たりを引く確率も高い気がする。今日は2枚抜いた。

その一枚がブレッド&バター「今はひとり」。

f:id:yotuashi:20170304224826j:image

いわゆるニューミュージックなのだが、特色あるボーカルとメロの美しさで不思議と古びることがない。

店内奥に移動して7インチをじっくりとディグ。いつも人が多くて長く見ていられないのだけれど、今日は久々に全部チェック出来た。ここから3枚。

チューインガム「ゴリラの歌」。

f:id:yotuashi:20170304225406j:image

女性2人のフォークデュオで、いわゆる世界音楽祭系らしいのだけれど、ボンゴで始まるイントロから、ハーブアルパートっぽいA&M感溢れる展開が素晴らしい。そこそこ有名なレコードらしいのだけれど全く知らなかった。初遭遇でジャケにグッと来てしまった。「ふたごのモンチッチ」と組み合わせるのも良さそう。

西口久美子「きみは春告げ鳥」

f:id:yotuashi:20170304230045j:image

季節ものとして持っておきたい一枚。80年代化粧品CMソング感に溢れていてこの時代にしか存在しえない音という感じか。

浅丘ルリ子シャム猫を抱いて」

f:id:yotuashi:20170304230332j:image

和モノボッサのリイシュー名盤だが、値段がちょい高くて手が出なかった。少し安いものがあったので満を辞して購入。春っぽくてこれからの季節に合いそう。

ネット購入したポンキッキLP「カンフーレディー〜タヌキの赤ちゃん」

f:id:yotuashi:20170304231008j:image

盤の値段が安かったのでポチったら送料が高くて結局相場並の価格。しかしカンフーレディー以外にもいい曲が多くて満足。特筆すべきはA4の高木英一「すいちゅうサーカス」。歌詞はもちろんボーカルの歌い方や声までもさかなクンぽいのに驚く。B1のビックリエレクトリックカンパニー「おふろのかぞえうた」も汎用性が高そうだ。

 

 

 

 

 

猟盤日記20170227

以前に訪れたが時間がなくてしっかり見られなかった三軒茶屋のオープンハートレコードに再訪問。

f:id:yotuashi:20170227230353j:image

 7インチを見た所、80年代アイドルと洋楽の日本盤が充実している印象。値段が高めとのネット情報があったが、全体的に極めて良心的な値段に思える。そもそもこういうお店はあってくれるだけでありがたいので多少高くても支え買いしたいところ。他のレコ屋で見かけない盤も多かった。棚の奥にも値付け前の面白そうなレコがちらほら。滞在中にも近所の方と思しきおばさんがレコードの買取相談に来ていて、珍しい盤の入荷の可能性を期待せずにはおられない。

30分ほどの滞在で4枚抜けた。

まずはセルジオメンデス&ブラジル'88「サマーチャンピオン」。

f:id:yotuashi:20170227231339j:image

全体日本語歌詞で、浅野ゆう子版とはまた違う、カタコト歌謡としての味わいも大きい。

スペクトラム「アルバ(夜明け)」。

f:id:yotuashi:20170227231752j:image

当時観ていたCMの記憶よりもラテン色が強く、セルメンの「サマーチャンピオン」とも相性良さそう。

パル「想い出のKOBE」。

f:id:yotuashi:20170227231909j:image

神戸出身としてはポートピアものはあれば買う。コーヒーものでもあるので2重の意味でマストバイ。曲もパルなのでいわずもがな。

安田成美の「透明なオレンジ」。

f:id:yotuashi:20170227232301j:image

南佳孝作曲の松本隆作詞で、味のあり過ぎる歌声で、これはかなりの良レコ。

レコードマップ割引も適用していただいて価格的にもおトク感高い。

いい買い物が出来た。

 

 

猟盤日記20170226

仕事終わりに寄り道してハードオフの中央林間りんかんモール店へ。

f:id:yotuashi:20170226220502j:image

ジャンクレコードの量がとにかく多いとのネット情報だったが、とくにそんな感じでもない。ネットに情報が上がると人が群がって狩りつくされてしまうので、ことハードオフに関してはネット情報はあてにならない。これだという店に通い続け入荷を待ち受けるのが一番良いような気もする。

わりと草一本生えない系の状態だったが、手ぶらで帰るのも悔しいのでなんとか一枚抜いた。

f:id:yotuashi:20170226214746j:image

杉真理「MSB」。名曲多し。ジャケはセロテープ貼りでダメージ大きいが、盤の状態はレンタル落ちとは思えないほど良い。

そして非ジャンクでもう一枚。

f:id:yotuashi:20170226215324j:image

タキシードジャンクション「チャタヌガチューチュー」。スリーブはウォーターダメージ激しいが、盤はホワイトヴァイナルで状態もいい。大野方栄「マサエアラモード」と相性が良さそう。

とりあえず2枚購入して、並びの「餃子の王将りんかんモール店」へ。かなり並んでいたが、ひとりなのでわりとすんなり入れた。

f:id:yotuashi:20170226220439j:image

ビールと餃子、そして「肉と玉子のいりつけ」を注文。

f:id:yotuashi:20170226220807j:image

これが玉子のふわとろ感と味付け、ネギの香りなど、完璧なバランスでちょっと感動。きっとこの店は天津飯も最高に違いない。

帰宅後、ネット購入した2枚が届いていた。一枚は山田仁「山チャン音頭」。

 f:id:yotuashi:20170226223217j:image

サントリーのビールCMソング。外国人女性の「若さだよ、山チャン」のセリフが良い。カタコトものにして音頭もの。岸野雄一さんのMIXCDで聴いて以来、ずっと欲しかった一枚。

そしてもう一枚が、岡崎友紀「風に乗って」。

f:id:yotuashi:20170226224038j:image

平山みき「いつか何処かで」と並ぶフィフディメ歌謡。市場価格が上がり過ぎてて諦めていたが、運よくそれなりの値段で入手出来た。