猟盤日記20190318

昨日のHMV渋谷100円箱掘りの続き。2000年代初頭に主に12インチでリリースされた渋谷系文脈の「オシャレコ」をまたも大量捕獲。

f:id:yotuashi:20190319232952j:image

Greetje Kauffeld / Tristeza - Mansfield re-edit

オランダのフリーチャ・カウフェルトがカバーしたサンバ名曲を池田正典がリエディットしたもの。小西康陽レディメイドからのリリースでプログラミングは吉田哲人。ごく普通といってもいいカバーをドラマティックな展開にエディットしてる大感動作。しかしどういうシュチュエーションで掛ければいいんだよコレ。

f:id:yotuashi:20190319234733j:imagef:id:yotuashi:20190320072123j:image

Shawn Lee / Happiness

LA出身でロンドンを拠点に活動するショーン・リーの2000年作。メロウボッサ調のネオアコ。12インチと7インチの両方ともあった。どちらもAshley Beedleのリミックス付き。

f:id:yotuashi:20190320072751j:image

V.A / Brasil Night

日本人アーティストによるブラジリアンコンピ。ドラムに熱量が圧倒的なTHE HERZ の 「moonlight samba 」、リトルクリチャーズの青柳拓次畠山美由紀参加のDoble Famous「Africa」とか良曲が収録されている。とても良い。

f:id:yotuashi:20190320074734j:image

ヒップ・アップ / サラダ・ボーイズ

当時アイドル的な人気を誇ったヒップアップのLP。ジャパニーズソウルの草分け、クック・ニック&チャッキーの「可愛いひとよ」のカバー収録。

 

 

 

猟盤日記20190317

昼休憩で仕事場を抜けだしてHMV渋谷に。100円箱を漁って吟味する時間もなかったので抜いた14枚を検盤もせずに購入。

f:id:yotuashi:20190318125736j:image

斎藤誠 / GO NOW

マイケル・マクドナルドのフォロワーを自認していた斎藤誠だけれど、この曲はどちらかというとTOTO寄り。80‘sの最前線ポップスの空気を日本に移植するという意味では天才的としか言い様がない。

f:id:yotuashi:20190318130156j:image

高岡美智子 / 今さら

SSWフォーク系やさぐれ歌謡。萩田光雄の打ったアレンジが素晴らしい。そしてジャケの70’s感が最高。

f:id:yotuashi:20190318130444j:image

アイリーン・フォーリーン/ダメージは蜜の味

小林武史プロデュースの高松出身のニューウェーブ4人組。音はとても凝った作りでB面の「JUST ONE」のニューウェーブ的なクールさとサビのシャッフルビートの軽快な感じが同居した不思議なバランス感覚が気になる。神戸ポートピアランドのCMソングだったということでCMは観ているはずなんだが、この曲はまったく記憶にない。

f:id:yotuashi:20190318133558j:image

増田俊郎/渚へ

こちらもB面の「シティオブドリーム」がポートピア案件らしいが、まったく記憶にない。アレンジが洗練されていてライトメロウという触れ込みで売っているネットレコ屋もあるが、どちらかという浜省感の方が強い。浜省をライトメロウというのならこれもライトメロウ。

f:id:yotuashi:20190318191252j:image

M-BAND / ケサラ

なめ猫こと「又吉&なめんなよ」の覆面バンドとして知られるM-BANDの活動休止直前の88年作。モータウンビートのダンサブルな一曲だが、ジャケには映画「ポルシェ959」主題歌とある。聞いた事のない映画なのでググってみたらYouTubeにちょっと違ったタイトルでなぜかフルでアップされていた。

 

「トリナクリア ポルシェ959」

https://www.youtube.com/watch?v=vJmMTsRA9zc&feature=share

 

しかしざっと観た所、たしかにエンドロールに主題歌としてクレジットされているが、オープニングにもエンディングにも使われていない。エンディングに流れているのは「音楽監督」を担当している堺正章の歌だ。映画冒頭にM-BANDのライブシーンがあるが演奏しているのは別の曲。なんとも謎が深い。

 

 

猟盤日記20190312

先日の音盤消費組合で川西卓さんが掛けていてmixCDにも使われている盤を速攻で入手。

f:id:yotuashi:20190313013151j:image

The Go! Team / Ladyflash

イアン・パートンを中心にブライトンで結成され日本人メンバーが在籍した事でも知られるバンドザ・ゴー!チームの2005年作。ファーストアルバムからの7インチカットで、両面共にタイトゥンアップ感のあるギターリフが多用されたグルーヴィで爽快な曲。ずっと聴いていたい。

猟盤日記20190305

60-70年代のソウルミュージックを集中的に聴いていたらこれが欲しくなってしまった。

f:id:yotuashi:20190308025827j:image

吉田美奈子 / Minako

吉田美奈子の「扉の冬」に続く2ndアルバム。RCAの移籍第一弾でもあり、当時はデビューアルバムと記載されてたこともあったらしい。これは77年の再発盤。完璧なシティポップ「レインボーシーライン」や、ユーミンの「チャイニーズスープ」や細野晴臣「ろっかばいまいべいびい」などのカバー曲、どれをとってもセンスが良く全く古びた所がない。昔は「flapper」の方が好きだったけど、最近はこっちの方が愛聴している。グングン値が上がっている中、割と安く買えて良かった。

音盤消費組合 RE-COOP vol.8

音盤消費組合 RE-COOP vol.8

2019/3/9 Sat. 高円寺コネクシオン 17:00–23:30 charge free/drink order

投銭制(500円以上の投銭で駄菓子食べ放題)

f:id:yotuashi:20190307192531j:plain

f:id:yotuashi:20190307192505j:plain

今回で10回目を迎えるのでフライヤーもそれ仕様です。vol.8だけど10回なんです。
今回のゲストは川西卓さん。神業プレイをじっくり堪能していただきたいです。今回レギュラーのDJみそぎ落としが欠場のため、けろ山さんに代打をお願いしました。最高の一夜になる予感しかしません。
チャージフリーのドリンクオーダー。500円以上の投げ銭で駄菓子フリーです。投げ銭が運営費となっていますので、楽しんでいただけたらぜひご協力をお願いしたいです。
フードは恒例のコネクシオン小池店主特製カレー。通常営業では食べることの出来ないメニューですのでこちらもぜひお楽しみいただければ。
どんな雰囲気のパーティなのか知りたい方は、Twitterアカウント@recoop_onban から過去のアーカイブが観られます。当日もこのアカウントからライブ配信しますのでご興味のあればフォローをお願いいたします。

 

Special Guest DJ

川西 卓

1998年よりDJ活動を開始。05年に『スチーム係長OST & more』でトラックメイカーとしてデビュー。その後PIZZICATO FIVEのCUT UP企画アルバム『PIZZICATO FIVE WE DIG YOU』ルパン三世REMIX『PUNCH THE MONKEY』HIFANA主催のコンピレーションCD『南風ケーブル弐』などに参加した他、自身の変名ユニットTHREE GOOD RULESをはじめ複数の名義でMUSH UP~EDITアナログ盤をリリース。07年にリリースしたMIX CD『VINYL FANTASY』は話題を呼び、間もなく完売となった。ターンテーブリストとしても信頼を受けており、様々なアーティストの楽曲やCM音楽などにもスクラッチで参加している。

 

DJ‘s

トーキー眼科/DJダンボール/DJみそぎ落とし/高橋優衣/ブーマー先輩/名人/西山亮/二ペイ

 

Food

コネクシオン特製カレー(¥890)※数量限定

 

Time Table

17:00 ニペイ

17:30 西山亮

18:00 高橋優衣

18:30 トーキー眼科

19:00 DJダンボー

19:30 ブーマー先輩

20:00 DJみそぎ落とし

20:30 名人

21:00 川西卓

22:00 B2B

(23:30終了予定)

猟盤日記20190301

ヤフオクとかユニオンの店頭在庫検索とか探しながら、もしやと思ってアマゾンで検索してみたら新品在庫があり他よりも安く売られていた。

f:id:yotuashi:20190303172514j:image

Leon Ware / Musical Massage

リオン・ウェアの1967年作のフランスユニバーサルによる2018年リイシュー。ジャケの女性モデルに合わせたのか褐色のカラーヴァイナル180g重量盤。メロウの大傑作でリオン・ウェアの唯一のモータウンからのリリース。マービン・ゲイへの楽曲提供の見返りとしてレコーディングされた作品らしい。どの曲も素晴らしくクオリティが高いのだけれど、3拍子好きとしてはB面4曲目の「フレンチワルツ」を推したい。

猟盤日記20190226

先日、映画「ノーザン・ソウル」で主人公が友達にプレゼントする盤のカバーを購入したが、ディスクユニオンの通販で原曲の復刻盤を発見したので注文。

f:id:yotuashi:20190301134021j:image

Lou Pride / I'm Comun' Home in the Mornun'

テキサスのローカルレーベルSUEMIから72年にリリースされた7インチで、オリジナルは数枚しか現存しないといういかにもノーザンソウルなエピソード付き。3発繰り返すホーンのアタックが最高。