猟盤日記20170813

某番組で外国人が大貫妙子「サンシャワー」を引き当てた例の店が気になって、放送の翌日に行ってみた。

f:id:yotuashi:20170814234526j:image

いやいやそこにはないだろうと思いながら見ていたら、シティポップスの名盤が続々出て来て心底驚いた。岸野雄一さんが「ジャンル違いの店と思っても、意外とあったりするので、覗いてみるのが大事」と言ってたのは真理だなあとか思いつつ。入ってしばらくすると、20代の男の子が、「昨日テレビみたんですが、僕にもあの箱を見せてもらえませんか」とやって来たが、収録はかなり前だったのであの箱のレコードはほとんど売れてしまったとのことで、ジャズ専門店なので和モノはほとんどないと店員さんが説明すると、青年は大人しく帰っていった。おそらくこの日はそんな対応ばかりだったんだろう。しかしジャズ以外も面白いレコードがたくさん入っていて、売りに来るお客さんや仕入れる店主のセンスの良さがあらわれていた。色々迷った挙句ジャズのレコードを一枚抜いた。

f:id:yotuashi:20170814234453j:image

由紀さおり&ピンク・マルティーニ「1969」

丁度アナログを探していた盤で、そこそこ安値で出ていたので購入。「Is That All There Is?」は本当に最高。買えてよかった。

前回買わずにおいたFlying Lizards「Top Ten」が頭から離れずディスクユニオン下北沢を再訪。しかし残っているはずもなく...。仕方なく色々みていたら探していた盤が2枚も引けた。

f:id:yotuashi:20170814233632j:image

Bernard Purdie「LIALEH」

70年代の黒人ポルノ映画のサントラで、レアグルーヴの名盤として名高いアルバムからの同名主題歌の7インチカット。メロウなメロディにパーティのドラムが絡み、最近話題のダチーチーチも満載。昔の日本盤7インチっぽいスリーブも良い。

f:id:yotuashi:20170815095432j:image

Frankie Valli「I Make A Fool of Myself」

「Can take my eyes off you」よりも断然こっちに方がエモい。クラブシーン的にはRay Terraceのラテンカバーの方が人気なんだろうけども、こちらのアレンジもとても良い。オリジナル盤のようだけれど音も良く、値段もなぜか安かった。版画っぽいジャケデザインも最高。

 

 

 

 

 

音盤消費組合活動開始のお知らせ

「購入した音盤はDJプレイによって広く共有されなければならない」という理念の元、新しい活動を始めて参ります。ご支援の程よろしくお願いいたします。

 

2017年8月12日(土) 「音盤消費組合RE-COOP vol.0」@高円寺コネクシオン18:00-midnight  charge free/drink order/投げ銭制 

DJ's west hill 樽蔵/DJダンボール/キーガン加藤/まこ兄/ブーマー先輩/西山亮/ニペイ

21時からのB2Bは当日参加可能です。レコードやCDをご持参ください。DJ機器に不慣れな方はサポートします。

f:id:yotuashi:20170803003459j:imagef:id:yotuashi:20170803003539j:image

 

猟盤日記20170801

雨が降っているのに傘を持たずに出て来てしまい、新宿に着く頃にはかなり激しくなっていた。駅からのアクセスが良く、雨に濡れずにいけるのでディスクユニオン新宿中古センターへ。

入荷のタイミングだったらしく、結構人が多い。とりあえず流れで新入荷箱を覗く。

f:id:yotuashi:20170802085752j:image

The Original Trinidad Steel Band「The Original Trinidad Steel Band」

暑いのでスティールパンの音が聴きたくなるのが人の性。加えてスタンダード曲のカバーが多くひねりがないのが疲れた時に聴くにはちょうど良い。名盤。

f:id:yotuashi:20170802135255j:image

Chaino and His African Percussion「Jungle Echoes 野性の叫び

ジャケのインパクトで購入を決めた。結構高額で取引されている同名LPを4曲編集したEP盤。一曲目から喘ぎ声にボンゴが絡むヤバい展開。当時は日本盤の7インチシングルも出ていたっぽい。近年最高クラスの掘り出し物感。

満足して帰ろうかと思ったら前から欲しいと思っていたレコードが目の前に。

 

f:id:yotuashi:20170802154501j:image

中村由真「Dan Dan 気になる」

ラグジュアリー歌謡の盛り上がりと共に高騰を続けとんでもない価格になってしまった一枚だが、1400円という破格の値段で売られている。状態が悪いのかもしれないと試聴を申し出ると、「それは出来ません」とピシャリ。なんのことはない、新品の再発盤だった。明日発売の予定の盤がフラゲ開始したとのこと。店員さんいわく「たぶん瞬殺なんで今買った方がイイっす」とのことなので購入することに。キュートな歌声が印象的なディスコ歌謡。最高。

 

 

 

 

 

猟盤日記20170729

仕事終わりで高円寺レア。なかなかタイミングが合わずに行けなかった100円市へ。

f:id:yotuashi:20170730091211j:imagef:id:yotuashi:20170730091233j:image

店頭にずらりと並んだエサ箱を無心で漁る人々。夕方だったので掘りつくされた後だろうと覚悟していったが、なかなかの充実ぶりだった。以前にそれなりの価格で入手した盤が続々出て来てちょっと落ち込んだりもした。安レコの醍醐味は「100円だったら買ってもいいかな」というレコに積極的に手を伸ばし自分の興味の世界を広げることにあるので、気になる盤は手当たり次第に抜いていく。

f:id:yotuashi:20170730092220j:image

 5110BAND「CRY CRY CRY」

井上忠夫(大輔)率いるテクノポップバンドの7インチ。B面がバグルス「ラジオスターの悲劇」をまんまパクっている。

f:id:yotuashi:20170730093041j:image

葵テルヨシ「かんじる10代」

ジャニーズ所属の葵テルヨシデビュー盤。作曲は筒美京平。B面のファンキー歌謡「ハートはもらった」も素晴らしいダブルサイダー。

f:id:yotuashi:20170730093723j:image

山下久美子「とりあえずニューヨーク」

こちらも筒美京平もの。歌詞は近田春夫。どちらかというと近田春夫色が強い。

f:id:yotuashi:20170730093947j:image

ピンクレディ「ジパング

100円箱にありそうで実はあまりない一枚。B面の「事件が起きたらベルが鳴る」の、過剰ともいえるアレンジがとにかくカッコいい。海外進出直前に作られたからなのか、「ピンクレディらしさ」がメタ的に捉えなおされている感じもある。

f:id:yotuashi:20170730142905j:image

Mie「More More」

ピンクレディつながりでもう一枚。解散直後の時期にリリースされた宇崎竜堂によるセクシーディスコ歌謡。ゴージャスなアレンジが素晴らしい。

f:id:yotuashi:20170730144241j:image

南野陽子「吐息でネット」

言わずもがなの名曲。意外と100円箱では見つかりにくいのでこの機会に抜いておく。聴き直してみると、ずっと聴いていられるくらいの名曲。

 

 

 

猟盤日記20170722

坂本九のキャピタル盤「Sukiyaki 」を手に入れておきたくなったのだが、国内ではなぜか中々見つからず、Discogs で格安でミント盤を出品しているアメリカのコレクターがいたので購入。するとすぐにメッセージが来て「ミントは表記ミスで現状はVG+だったのでお詫びに2ドルに値下げするけど買いますか?」とメッセージが。「VGで構わないので買いますよ」と返すと、その翌日「ミント盤を友達から譲ってもらえたので、送ります。いい曲だからいい音で聴かないとね」と返信が。このコレクターのレコード愛をひしひしと感じ、胸が熱くなった。

f:id:yotuashi:20170724225532j:image

送られて来たのはその言葉通り、傷ひとつない音質最高のミント盤でした。B面の「TANKOBUSHI」(九ちゃんの炭坑節)狙い。素晴らしいの一言。

これを購入したのと同時に探したのが、こちらの一枚。

f:id:yotuashi:20170724230100j:image

Percy Faith「The Music of Brazil!」

ハードオフとかくまなく探せばきっと100円で見つかる盤だけど、もうちょい出して良い状態のものを入手。このA面一曲目の「Aquarela do Brazil」が、「Tankobushi」と誂えたようにぴったり繋がるので、ここは音質を揃えておきたかった。どっちを前にしても繋がるのがスゴイ。

岸野雄一さんらが昨年から関わっている高円寺の大和町八幡神社大盆踊りに行った。

f:id:yotuashi:20170724231809j:image

折坂悠太が櫓の上でライブをするなど良い雰囲気。夜店にレコード店が出店していたのでちょっとのぞいてみたらこの一枚が。

f:id:yotuashi:20170724231732j:image

Perrey-Kingsley「The In Sound From Way Out!」

言わずと知れたペリキンの名盤が600円!状態も決して悪くない。なんとも良い買い物をした。

 

 

 

猟盤日記20170718

吉祥寺でレコ屋めぐり。まずはコピスのHMVに行ってみたが、面白そうなレコードはあるものの、どれも値付けが辛すぎて見ているうちに気持ちが沈んできてしまった。人を滅入らせる値付けというものは確実に存在する。珍しく何も買わずに退店。

以前15分くらいしか見られなかったココナッツディスク吉祥寺を再訪。HMVに比べるととても人間味溢れる値付けで、気持ちがみるみるうちに上向いてきた。値付けが真っ当で店の哲学が感じられるのなら、高くてもこの店で買おうと思うし、実際買う。何枚か気になるレコードを抜いてみたが、プレイヤーの故障なのか試聴が出来ず、結局安めの一枚だけ購入。

f:id:yotuashi:20170721003555j:image

柴田多映子「Yesterday is gone~過ぎ去りし日々」

尾崎亜美によるA面は鳥のさえずりからハードなサビに転じるドラマティックな曲。松尾清憲によるB面の「モスコミュールアーベント」はムーディーなニューウェーブ歌謡。

またコピス方面へ戻り、ディスクユニオンへ。ここもHMVと対照的な優しい値付けだった。何枚か気になる盤を試聴して2枚購入。

f:id:yotuashi:20170721005239j:image

欧陽菲菲「うわさのディスコクイーン」

B面の「ラブイズオーバー」が後に大ヒット曲になったことで知られる一枚だが、A面が歌詞もメロも歌唱もとにかく最高。一生ものの一枚になりそう。

f:id:yotuashi:20170721005714j:image

モコ・ビーバー・オリーブ「海の底でうたう歌」

シリア・ポール在籍のトリオ。20年くらい前はとんでもない値がついていたこともあるレコードだが、最近値が下がりやっと手の届く盤になった。

 

 

 

 

猟盤日記20170717

仕事の合間にぽっかり空いた時間を利用して、下北沢ディスクユニオンへ。何故か良く使っている盤や気に入っている盤はここで引いたものであることが多い。定期的に某有名DJの放出品と思しきラインナップが大量に100円箱に入ることがあり、手放すことになった理由などを考えながら漁るのが楽しい。

f:id:yotuashi:20170718001150j:image

水沢京子「涙・おもいで・砂山」

ジャケのインパクトがすごいキングレコードの委託プレス盤。サイン入りのブロマイド付き。本人が手売りしていたものだろう。B面の「十九の恋歌」は「十九の春」をライトなタッチに改変した良曲で、ほんわりと沖縄風味なのが中々に良い感じ。ヤフオクではなぜか4000円の値がついていたが、100円が妥当だろう。

f:id:yotuashi:20170718075854j:image

大川栄策「刑事」

古賀政男作曲の刑事演歌。歌詞も素晴らしく味わい深い。トレンチコート姿で刑事に扮した栄策が張り込みをしているジャケがインパクト大。何かの主題歌なんだろうかと思ったらそうでもないらしい。純粋な刑事愛をひしひしと感じる。持ってるだけで心が豊かになる一枚だ。

f:id:yotuashi:20170718080555j:image

ムーディー松島「ひとりぼっちの軽井沢

死んでもいいといいながら、1人軽井沢でゴルフを続ける男の情景を歌った曲。B面の「男、涙のブルース」も素晴らしい。いわゆるダブルサイダー。

f:id:yotuashi:20170718082736j:image

 エミー・リン「恋上手」

テレサ・テンフォロワーのカタコト歌謡。荒木とよひさ/三木たかしの本家コンビなのでテレサの妹分というのが正しい表現だろうか。日本の歌謡曲に根強い伝統としてあるカタコト歌謡の系譜とスナックの外国人ホステス増加の相関関係を誰か調べてほしい。