猟盤日記20180623

やる夫さんのMIXCDを買いに下北沢ディスクユニオンまで行ったが売り切れてて買えず。仕方ないので安レコ探し。3枚で黄色とピンク札が値引という事で黄色を3枚抜いた。

f:id:yotuashi:20180624014946j:image

山本リンダ / ウブウブ

岸野雄一さんクラッシックのリンダ音頭。盤にクモリ有りとの事で安値に。塩ビ焼けかと思いきや、試聴してみると塩ビ焼けノイズの音はしない。帰ってクリーニングしたらクモリはとれた。ただの汚れだったっぽい。あはん。

f:id:yotuashi:20180624015548j:image

V.A. / DARE-DARE presente LA GUEPE vol.1

ミシェル・ルグランやヤンコ・ニロヴィッチとか60-80年代のフランスのアーティスト曲で構成したレアグルーヴコンピ。A面はジャズファンクっぽい曲が中心だが、B面はプログレフュージョンにまで及んでいて面白い。B-3のEdition Speciale「la ville en beton 」が特に良かった。

f:id:yotuashi:20180624020917j:image

Port of Notes / Lilac+ Remixes

畠山美由紀と小島大介によるデュオ。「渋谷系」の中核的存在だった瀧見憲司のクルーエルレコードからリリースの2000年作。12インチ2枚組だが曲数は少ない。リスニングというよりはDJユース仕様なんだろうか。贅沢な使いかただなあ。ダブステップミックスとかあったりして時代感が感じられる。かなり安かった。

 

猟盤日記20180622

久々に中村屋インドカレーを食べた後で新宿紀伊国屋書店上のディスクユニオン新宿セカンドハンズ店へ。特価7インチ箱から7枚抜いた。

f:id:yotuashi:20180622234624j:image

シーナ&ザ•ロケット / ユー・メイ・ドリーム

朝ドラ「半分、青い。」で清野菜名が演じる小宮裕子が口ずさんでいた曲。100円箱で良く見かける盤だが、今朝ユーコがお嫁に行った記念で購入。この歌のような人の心に届くマンガが描けたら辞めてもいいと言っていた。サビまで歌わせないのがなんとも...今、100円で買える最も良い盤かも。

f:id:yotuashi:20180622235621j:image

ユン・ピョウ / チャンピオン鷹

ジャッキーファミリーのユン・ピョウ主演映画の主題歌。チープなシンセと中国語が「ミスターBoo」からの伝統とも言うべき香港映画独特の雰囲気を醸し出す。

f:id:yotuashi:20180623000046j:image

O.S.T. / ラストタンゴインパリ

ガトー・バルビエリ本人演奏のオリジナル日本盤。ラテンとフリージャズの空気を合わせもつ感じがたまらない。

f:id:yotuashi:20180623000351j:image

The New Markets / Song From M☆A☆S☆H

「もしもあの世にいけたら」のディスコアレンジ。チープなシンセとディスコサウンドのいなたい感じが良い。ググってみたら2000円で取引されたこともあるレア盤だとか。本当だろうか?

f:id:yotuashi:20180623001030j:image

Betty Wright / Ooo La La

「クリーンアップ・ウーマン」のベティ•ライトの7インチのみでリリースされた曲。スクラッチ跡と思しき局所的なスリがあったけれど、音には影響なし。だいぶ良い買物だったんではないかな。

f:id:yotuashi:20180623002027j:image

The Afro Blues Quintet puls One / Liberation 

B面はバカラックの「Walk On By」で両面ともにカッコいいジャズファンク。状態も悪くない。なぜこの値段なのか。

f:id:yotuashi:20180623002403j:image

Hugh Masekela / Gettin’ It Off

これもヒュー・マセケラのUNIレーベルでの7インチオンリーリリース。マセケラのフリューゲルホーンが炸裂するジャズファンク。これもググってみると高値で取引される事もあるようだ。ドリルホールがあるから安いのかと思っていたら、ネットに上がっている盤はほぼ全部ドリルホールだった。

 

 

 

 

 

 

猟盤日記20180620

新宿武蔵野館ポール・トーマス・アンダーソンの『ファントムスレッド』を観る。大きな話題にはなっておらず、否定的な感想も少なくないようだけれど、かなり良い映画だった。キノコのバターソテーが食べたいなーとか考えつつ帰宅するとファントム繋がりのこんなレコードが届いていた。

f:id:yotuashi:20180621195813j:image

Justice / Phantom 

限定発売で未開封の12インチということだったが、シュリンクではなくシールで封をしてあるだけなので、どうもシールをキレイに剥がして貼り直しただけのような気がする。盤にもヨゴレがついていたし。盤ラベルも曲名表示もないが、A面はPhantomがフルで 、B面には D.A.N.C.E.のイントロだけが収録されており、ブランクの部分に盤面に歌詞が刻まれていた。もったいつけずにフルで入れればいいのにとも思ったが、この仕様だから一応未開封扱いなのに安値なんだろう。

 

猟盤日記20180619

渋谷のハンズ向かいのルノワールで打ち合わせがあり、早く着いたのでHMVを覗く。何も買わないつもりだったけれど、これが安値で出ていたので抜いておいた。

f:id:yotuashi:20180620064604j:image

V.A. / Blow Up A-Go-Go!

池田正典も参加していたという90年代終わりから2000年代にかけて開かれていたロンドンのモッズラウンジパーティ「Blow Up」のLP2枚組コンピ。入手困難な60年代の隠れた名曲が数多く収録された豪華おせちのような超有名盤だが、今では投売り状態になっているのかと思うとなんだか感慨深い。当時CDで買って飽きるほど聴いていたはずなんだけれど、久々に聴いてもやっぱりいい曲ばっかり。よくわからないがアナログで聴いた方がしっくりくるような気もしてくる。

 

猟盤日記20180618

ヒップホップは今に至るまできちんと聴いた事がないのだけれど、20年以上前に渋谷WAVE で買った「No Lights Given Or Implied 」は、これがどういうCDなのかよくわからないままに、カッコいい音ネタの宝庫として愛聴し、その元ネタを探して買うのがなんとも楽しかった。

f:id:yotuashi:20180619014930j:image

このCDに収録されているメインの3曲が、アナログリイシューされていると聞き入手。

f:id:yotuashi:20180619070708j:image

Double Dee & Steinski / Lesson 2&3

JBはもちろん「DANCE TO THE MUSIC 」「DANCE TO THE DRUMMER'S BEAT」など、とにかくカッコイイブレイクが詰まっているまさに教科書的なメガミックス。B-BOYでなくても十分楽しめるような気がする。結構安値で売られているのでお得感も高い。実用されていたのかシールも貼られた状態だった。

 

 

 

猟盤日記20180616

ディスクユニオン渋谷のソウル館へ。Al Wilson「ザ・スネイク」を探すも見つからず。代わりに安レコを一枚。

f:id:yotuashi:20180617232648j:image

Sam Paglia meets Frank Popp Ensemble / Stripper Girl

ハモンドオルガンの名手サム・パリアとドイツのエレクトロラウンジグループ、フランクポップアンサンブルによるいかにもなフレンチラウンジ7インチEP。エレクトロラウンジって今はあまり使われる現場がなくなって一部を除いて安値で売られているような印象だけれど、安いうちに気になる曲はあ積極的に買い集めておきたい。B面2曲目の「グラン・ルッソ」がいい感じ。

f:id:yotuashi:20180617234750j:image

Chilly Gonzales / You Can Dance

チリー・ゴンザレスのIvory Tower に収録されているディスコ曲のリミックス集12インチ。男女混成コーラスとピアノが絡む展開がエモ過ぎて何度も聴いてしまう。かなり使い込まれた盤らしく、目詰まりが激しかったが、クリーニングで復活。最近の曲という印象だけどもう8年も前のリリース。Justice「D.A.N.C.E.」とかと合わせて掛けたい。

 

 

 

 

猟盤日記20180615

雨の降る中恒例の渋谷安レコパトロールHMVのジャンクで4枚確保。

f:id:yotuashi:20180616103506j:image

Michel Saldou / 告発

フランスの大スターシャンソン歌手ミシェル・サルドゥの日本盤7インチ。親米派で社会的主張の強い曲を多くリリースしており、今でも同性愛者のデモなどにも彼の楽曲が使われたりしているらしい。この曲も政治腐敗や環境破壊を告発する歌詞で、ジャケの肖像画にもそんな攻めた感じが表れている。サウンド的にはブラスロックっぽい感じでホーンがカッコいい。ジャンク扱いとはいえ、見本盤でピカピカのニアミント。

f:id:yotuashi:20180617000542j:image

Carol Douglas / My Simple Heart 

ディスコディーバとして名高いキャロル•ダグラスの81年作。ディスコブーム終焉の頃のスリーディグリーズカバー。いろいろ切なくて良い。

f:id:yotuashi:20180617001704j:image

Janis Ian / Will You Dance?

ドラマ「岸辺のアルバム」のテーマ曲として大ヒットした名曲。最近なぜかいろんな方がイベントでかけている場に遭遇。今なお根強い人気の曲なんだな。コネクシオンのイベントで松尾さんが掛けていて以来百円箱を探していたがなかなか見つからなかったが、無事HMVジャンク箱で発掘。

f:id:yotuashi:20180617002317j:image

ダ・カーポ / 空からこぼれたStory

名探偵ホームズの主題歌。ジャケと盤がバラバラで別の箱に入っていたのを合体させてサルベージ。でも状態はかなりいい。